慶和の技術 環境と殺菌への配慮

環境と殺菌への配慮

アルカリイオン水による清掃

無色・無臭のアルカリイオン水

慶和では、アルカリイオン水によるノンケミカル(洗剤などの薬剤を使用しない)清掃を基本としています。このアルカリイオン水(還元性水・ pH12)は分子が極めて小さいマイナスイオン。このため顕微鏡レベルの微細な汚れでもしっかり包みこみ、電気分解の原理で落とす働きがあります。また、清掃後もマイナスイオンの働きで錆や腐食を防ぐ他、アルカリ性(pH12)の膜で細菌やカビ(pH4~8で繁殖)の発生も予防するスグレもの。しかも無色・無臭で見た目は「普通の水」と変わらないという、まさに人体や環境に優しい洗浄水です。

無菌室の清掃にも対応

ドライスチームで清掃・除菌

また、非常に高度な衛生管理が要求される無菌室の清掃にも対応できるスチームクリーナー(イタリア・Polti社製)を医療施設はもちろん、オフィスビルや一般住宅などの清掃(カーペットや畳)にも使用しています。これは薬剤などを使用せず、水道水を110~120℃の高温ドライスチームに変えて噴射することで汚れを落とし、殺菌・除菌もできる機材。その能力の高さは東京総合臨床検査センターの検査実験で、院内感染の原因菌となるMRSAをはじめ、病原性大腸菌やサルモネラ菌などの殺菌に効果があると実証されているほどです。

除菌レベルの検証技術

殺菌・除菌の検査キット一式

アルカリイオン水やスチームクリーナーなどの清掃技術だけではなく、慶和ではその殺菌・除菌効果を視覚的に検証できる清浄度検査キット(キッコーマン社製)も導入しています。これは同社が食品加工工程の検査を目的に、独自のバイオ技術を駆使して開発した技術。対象箇所を清掃の前後に別々の専用綿棒でふき取り、測定器にかけるだけで、瞬時にそれぞれの雑菌レベルを数値で比較できるというものです。私たちはこうした検査技術も積極的に取り入れることで業務の質を客観的に判断し、以降の改善と向上に役立てています。

機材などのリサイクルを推進

ポリッシャーのパッド部分

慶和ではこうした人体や環境に優しい技術を用いるだけではなく、社会の一員として資源の有効活用とリサイクルを積極的に推進しています。例えばポリッシャー(洗浄機)のパッドなどの消耗機材は複数のものを洗いながら、ローテーションさせて使用することで耐用期間を延ばしたり、アルカリイオン水などの洗浄水は詰め替え用を購入し、ハンドスプレーに入れて使用することで容器ゴミの減容に努めるなど...。皆様の目に触れない部分でも「環境づくりのプロ」として、最大限の企業努力を行っています。

上部へ移動